【60秒で分かる】印鑑証明を取得する最短手順(本人編)

印鑑証明発行手続きの最短時間(本人の場合) 約10分

 

※ 必要な書類や実印を事前に準備しておく必要があります。


 

印鑑証明書の取得方法


このページは急ぎで印鑑証明書を取得したい方のために最短の手順を解説しています。

 

すでに印鑑登録カードが手元にある方は「1-4. 印鑑登録証明書を発行する」からお読みください。

 

また、本人ではなく代理人の方が取得したい方は「代理人編」をお読みください。

 

印鑑登録の資格を確認する


まず、印鑑登録を行うには以下の条件を満たしている必要があります。

印鑑登録の資格
  • 印鑑登録を行う市区町村に住民登録していること
  • 満15歳以上であること
  • 外国人の方は外国人登録法による登録を受けていること

 

実印用のハンコを準備する


印鑑登録の資格を満たしていることが確認できたら、印鑑登録用のハンコを準備します。
どんな印鑑を買えばよいか分からない方は「実印購入ガイド」を参考にしてください。

 

ただし、以下の条件に合ったハンコをすでにお持ちであれば、新しく購入する必要はありません。
いざというときのために親御さんが準備されているケースも多いですので確認してみてください。

 

登録できる印鑑

  • 「氏名」「氏または名」「氏と名の一部の組み合わせ」を彫ったもの
  • 登録できる刻印の種類

     

  • 一辺が8ミリ〜25ミリの正方形に収まるもの
  • 登録できる印鑑のサイズ

 

登録できない印鑑

  • 氏名以外に職業などの事項を表しているもの
  • ゴム印など、印影が変化しやすい材質もの
  • 大量生産されているハンコ、いわゆる三文判やシャチハタ

 

※ その他、印影によっては登録できないものがあります。詳しくは役所の受付窓口でお問い合わせください。

 

印鑑を登録する


ご自身の住民登録をされている市区町村の役所へ行き、印鑑登録申請を行います。

 

印鑑登録に必要なもの
  • 印鑑登録申請書
  • 実印用のハンコ
  • 身分証明書(本人確認できる書類)

 

印鑑登録申請書に必要事項を記入し、実印と身分証明書を窓口に提出します。
手数料は自治体によって異なりますが、だいたい100円〜500円程度です。

 

なお、印鑑登録申請は郵送では受け付けてもらえません。
本人もしくは代理人の方が窓口に行く必要があります。

 

身分証明書については、官公署発行の顔写真付きの本人確認書類であれば1つでよいです。

1つでよい身分証明書の例

  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 写真付きの住民基本台帳カード
  • など

「顔写真がない住民基本台帳カード」や「健康保険証」などの場合は、本人確認書類が2つ必要になります。

 

混んでいなければ5分ほどで「印鑑登録カード」が発行されます。

 

印鑑登録カードは自治体によってデザインが異なりますが、横浜市であれば以下のようなイメージになります。

 

印鑑登録カード

 

印鑑登録証明書を発行する


「印鑑登録証明書交付申請」に必要事項を記入のうえ、「印鑑登録カード」と一緒に窓口に提出します。
手数料は、だいたい100円〜500円程度です。

 

印鑑登録証明書発行に必要なもの
  • 印鑑登録証明書交付申請書
  • 印鑑登録カード

 

5分程度で「印鑑登録証明書」が発行されます。

 

これで印鑑登録証明書の発行手続きは完了です。

 

一般的な手続の例は以上ですが、実際の取り扱いについては全国で統一された規定がないため、市区町村ごとに差異があります。詳しくは市区町村の受付窓口でご確認ください。

 

申請用紙は事前に準備できます


「印鑑登録申請書」と「印鑑登録証明書交付申請書」の用紙は事前に準備しておくこともできます。

 

各市区町村のホームページに申請書のPDFファイルが公開されていますので、事前にご自宅のプリンタで印刷して必要事項を記入しておけば、役所で申請書を記入する手間を省くことができます。

 

なお、各市区町村のホームページは以下のサイトからを簡単に探すことができます。

 

地方公共団体情報システム機構 全国自治体マップ検索

 

便利なコンビニ交付サービス


最近では、コンビニエンスストアのマルチ端末で住民票や印鑑登録証明書を発行することができる自治体も増えてきました。

 

コンビニ交付を利用するためには、各自治体で「住基カード(住民基本台帳カード)」のコンビニ交付サービス利用手続きをしておく必要があります。夜間や休日でも印鑑証明書を発行することができるようになりますので、役所へ行ったついでに手続きをしておくと、あとあと便利です。

 

詳しくは「コンビニ交付手続きをしておくと便利です」をご覧ください。


当サイトおすすめのハンコ通販サイトです。購入した印鑑すべてに「10年間保証書」が付き、無料で彫り直してもらうことができます。
⇒ Inkans.com

PR

【60秒で分かる】印鑑証明を取得する最短手順(本人編) 関連ページ

代理人の場合
代理人が行う印鑑証明書発行手続きの最短手順を解説します。